皆さんパディントンのことご存知でしょうか?わたしはTEDと勘違いして(←どんな間違いや)「パディントン2」を見に行って、あまりのかわいさにパディントンにドハマリし、見た当時渋谷でやっていたパディントン展にも行き、原作も読んだのですが、「パディントン2」しか見ていなかったので、満を持して普通の(?)「パディントン」を見ました。

映画『パディントン』公式サイト
http://paddington-movie.jp/paddington/

「パディントン2」では、パディントンがロンドンのウィンザーガーデンでブラウン一家の一員として暮らす日常の様子から始まりました。前作にあたる「パディントン」では、パディントンとブラウン一家がどのようにして家族になったかが描かれています。パディントンはペルーからトランクひとつでロンドンにやってきた子熊です。過去にペルーの森へやってきた探検家と交流し、ロンドンへ行くことを夢見る熊のパスティーゾおじさんとルーシーおばさんの教育で育ったので礼儀正しく紳士的ですが、熊なので人間の社会でトラブルがおきがち。でも機転を利かせてなんとか解決?(というかやるとこまでいってしまってみんな許すしかなくなる…熊だし)します。普通はしないことをすることが逆に結果オーライで誰かの役に立つこともしばしば。

ブラウン一家が、最初は家が決まるまで泊めるだけのつもりで連れ帰ったパディントンと家族になっていく様子と、パディントンに迫る危機とそれを助けようとするブラウン一家の奮闘と顛末がおおきなあらすじです。児童向けの読み物が原作で、現実的というよりはすっとんきょうなこともたくさん起こりとっても楽しいお話です。ウィンザーガーデンはカラフルで可愛らしい街だし、ロンドンの街の様子も楽しい雰囲気だし、熊のパディントンを阻害することなく仲良く対応してくれるなど自由な雰囲気。

そしてなにより、パディントンがすっごくかわいい!!礼儀正しく紳士的なのに、子どもだからやっぱり頼りない!このさじ加減がたまらなくて、好きにならずにいられないです。『パディントン2』の時点ではすでにトレードマークになっていたターコイズブルーのコートの経緯も『パディントン』で語られました。あと突然現れる剥製マニアの異様にきれいな怪しい女性がニコール・キッドマンです。綺麗すぎてめっちゃ怖いです。

『パディントン2』を見たときも、パディントンが好きになりすぎて、しばらくはことあるごとにパディントンのことを思い出していましたが、今またパディントン思い出す病になっています。かわいい・・・。ちなみに実際のパディントン駅にトランクに座っているパディントンの像があるとのことで、めちゃくちゃロンドン行きたいです。

おまけ

パディントンは映画ではなくてキャラクターとしての日本でのホームページもあります!

Paddington Bear | パディントン ベア – パディントン ベア オフィシャルサイト
http://www.paddington-bear.jp/

これ見て「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」というところに「パディントン・タウン」があるらしいことを知りまして…。めっちゃ行きたい。早くコロナ禍終わって欲しい。

あとスマホゲームも…。これは、ぜひ映画見てからやってほしいです。めっちゃ笑えます(笑うの?)。


ちなみに韓国ドラマやそれにまつわることについては趣味なので情報量多いため別ブログでまとめてます。よかったらそちらも御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

閉じる

way to go design
is a freelance design studio
in Kagoshima, japan.

way to go design はグラフィックデザイナー・イラストレーターの東郷明佳のフリーランスデザインスタジオです。現在鹿児島で活動しています