コロナ禍でオンラインミーティングへの抵抗が一気になくなった2020年。わたしは地方に住んでいるのでそれまでもちょくちょく使っていましたが、やはり会いたいと言われることも多かったです。人によって感じ方は違いますし、打ち合わせもコミュニケーションなので、会うことでぐっと前に進むこともあるのは確かですが、内容によってはオンラインでサッと済ませたほうがお互いの時間も確保できていいと感じる部分もあります。この状況が収束しても、実際会う打ち合わせとオンラインでの打ち合わせは必要に応じて使われていくんだろうな〜と思っています。

オンラインでの打ち合わせで使うもの

1.カメラ

わたしは普段MacBookProをモニターに接続して使っているので、外付けカメラを使っています。モニターの上につけています。

↓同じものではないですが、こういうものです。

マイク内蔵ウェブカメラ 外付け Web カメラ デスクトップパソコン Mac ノートパソコン用 フルHD 1080P パソコンカメラ 会議/ゲーム/ビデオ通話 AUSDOM AW615 Webcam

だいぶ前に買ったものなんですが、今あらためて検索したらマイクやスピーカーが付いてるタイプのものもあることに気付き、ちょっといいな・・・ほしいとなっています。

2.スピーカー(音声出力装置)

今は作業場は独立した部屋借りているので、そう思ったのですが、最初に作業場として使っていた部屋はシェアオフィスで、話している内容が外から聞こえてしまう感じでした。自分が話す内容や音量はコントロール出来ますし、ついたてがあるので丸聞こえではないの電話はしていましたが、相手の話が外に聞こえている状態はあまりよくないかなと思い有線のイヤホンから相手の声を聞いていました。

3.マイク(音声入力装置)

さらにイヤホンにマイクが付いていたのでマイクはそれを使っていました。有線のマイクなので、口元に近いところにマイクがあり特に問題なく使えていました。

※ わたしの場合は作業環境の都合ですべて外付けですが、ラップトップPCやタブレット端末、モバイルフォンがあれば上記の3つはほとんどの場合すべて内蔵されています。モニター一体型のパソコンなども普通は内蔵されている思います。

ワイヤレスイヤホンデビュー!いい感じ!

有線だと、打ち合わせ中に何かを取りに行ったり、デスクから離れる時にいちいちイヤホンを外すしかなく、その間話し続けることができません。ちょっと話して終わるときは問題ないのですが、少し込み入った打ち合わせであったりアイデアを出し合うようなときは、実物を参照するなどが多くてだんだん不便に感じるようになっていました。ワイヤレスイヤホンは、ランニング用に骨伝導のものを持っていたのですが、マイクの性能があまりよくなくて通話に使える感じではなかったので、通話に良さそうなものを買うことにしました。(でもこの時点でカメラとマイクとスピーカーが一体のものがでてるとわかってたらそれ買ってたかも)

というわけで買ったのが、Jabra65tです。AirPodsを買えば一番いいんだと思うんですが、わたしの場合は移動はほぼ車で、車だとイヤホンいらないですし、外を歩く時に音楽聞くなら骨伝導のイヤホンで満足しています。(bluetoothの接続もめちゃくちゃ早く、充電も1日30〜1時間の利用で1週間に1回程度、外の音が聞こえるので危なくない、音質はこだわらない人向け)多分ほとんどオンライン通話のときしか使わないので…。音がいいというものはいろいろ見かけたんですが、なかなか通話に言及しているものは少なくて、マイク性能がいいという言及が多かったJabraのもので、現行の最新モデルより少し前のJabra65tを買うことにしました。9000円くらいだったかな?

これです!

使った時の感動すごかったです!ラク〜〜〜!つけながら洗い物とか出来るし、Podcastとかも聴ける!という利点にも気付きました。しかもマイク性能がいい!実はこれを買う前にヘッドセットタイプのワイヤレスイヤホンも使っていたことがあるのですが、かなり安いものを買っていたのでマイクが微妙で、相手が聞き取りづらいようだと有線イヤホンにつなぎ直したりして使っていました。安価なワイヤレスイヤホンでも音質が評価をされている商品は多いのですが、マイクについては、安価なものだとカットされているのかなと個人的には思っています。

あと地味にいいと思ったのが、デフォルトで海の音とか雨の音のサウンド・エフェクトがついていることです。外で仕事しているときとかに外の音を遮りたいけど音楽ではないな…というときなど耳栓代わりに使えそうです。一応外の音の取り込みモードもついていますが、このコロナ禍なので、人混みへ行くことが少ないためどの程度のものなのか試していません。電車で外出してるときとか外の音聞こえないと厳しいですよね。

あとケースに入れると充電されるのもいい機能だと思いました。有線イヤホンだと電源いらなかったけど、ワイヤレスイヤホンは充電必要なので、ちょくちょく電池切れると悲しすぎますし。

ただし耳から取れる…イヤーピースを取り替えてみました

Jabra65t にはイヤーピースが3サイズ付属されていて真ん中のサイズがついてます。最初着けた時圧迫感がすごすぎるので、一番小さいやつに変えて使っていたのですが、どうも長時間つけていると耳からポロッと取れちゃいます。そこだけが不満でした(bluetoothの接続方法も不満だったけど取説どうりやったらうまくいきました)。どうやら密着させないといけないようなので、イヤーピースを最初についていたサイズにかえてつけてみたらたしかにかなり密着している…と感じるので、しばらくこれでやってみようと思います。取れないといいな…。

そしてこれを書いている段階で、オンラインミーティング用にマイクとスピーカー付きのカメラに変えちゃおうかな…という思いも少しわいてきています…。そしたらイヤホンの充電とかBluetoothのことを気にしないでミーティングできて明らかに気にすること減る…(夜に何か見るときや、相手の声が周りに聞かれては困る時とか、外での電話など音が出せない時に使えるのでイヤホンはそれはそれで使える)。自分好みに作業環境整えるのもフリーランスのおもしろみだな〜。

ワイヤレスイヤホンが
耳から落ちる
問題と対策と今後について…
|ちなみにJabra65t
」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

閉じる

way to go design
is a freelance design studio
in Kagoshima, japan.

way to go design はグラフィックデザイナー・イラストレーターの東郷明佳のフリーランスデザインスタジオです。現在鹿児島で活動しています